2021年4月16日

米子製鋼 真空脱ガス装置導入

高級鋼・特殊鋼・ステンレス鋳鋼メーカーの米子製鋼(本社=鳥取県米子市、吉岡眞一郎社長)は4月初旬、溶鋼中の水素ガスに起因した製品欠陥を低減するため、真空脱ガス(VD)装置を導入した。鋳鋼品の品質改善をはじめ、欠陥補修工数の削減による生産効率の向上やリードタイムの短縮など顧客ニーズ対応の強化を図る狙い。

おすすめ記事(一部広告含む)