2021年4月16日

高砂建材工業 マシニングセンタ導入 高砂機械工業にシール溝加工対応

高砂建材工業(本社=大阪府和泉市、藤田憲一社長)は今月、グループ会社の高砂機械工業(本社=和歌山市加太)の本社工場に武田機械製の立形マシニングセンタ1基を導入、5月連休明けから稼働させる。昨年8月に鋼製セグメントの生産分野に進出し、この部材の機械加工で外注に出していたものを内作し、効率化を図るのが目的。導入設備では主に、鋼製セグメントの主桁のシール溝加工を行う予定。

おすすめ記事(一部広告含む)