2021年4月19日

20年末世界造船手持ち工事量、2年連続減1.2億総トン

 日本造船工業会がまとめた2021年の造船関係資料によると、20年末の世界の造船手持ち工事量は前年末に比べ8・4%減の1億2099万総トンと2年連続減少した。4233隻と2・6%減り、このうち日本は1799万総トンと27・9%減、534隻と14%減った。世界的に減少傾向にある中、新型コロナウイルスの感染拡大による経済影響も減少に拍車をかけた。日本は造船各社の手持ち工事減によって21年度の造船用厚板需要は200万―230万トンと20―30%減少する見通しだ。

おすすめ記事(一部広告含む)