2021年5月11日

日鉄物産、5カ年計画を発表 経常益450億円超目指す

 日鉄物産は10日、2021年度開始の5カ年の中長期経営計画を発表し、25年度に連結経常利益450億円プラスアルファと収益の拡大を目指す。事業・設備投資750億円を計画し、各事業分野でМ&A含む戦略投資を進め、流通効率化や新事業の創出を図る。新エネルギー自動車向けなど新規需要の開拓や供給ソースの多様化を進め、連結鋼材取扱量2100万トン以上に増やす。製造・販売拠点統廃合など事業基盤強化に加え、成長分野・地域に経営資源を集中投入し、新たな収益の柱を造り込む。

おすすめ記事(一部広告含む)