2021年6月17日

ブリキメーカー、一般缶用 値上げ注力 日鉄・JFE、1.5万円

 国内ブリキメーカーは、一般缶分野(一般缶、18リットル缶、ペール缶など)向けブリキ価格の引き上げに注力する。日本製鉄は7月契約からトン当たり1万5000円の値上げ実施を決めた。また、JFEスチールは6、7月出荷分の合計で同1万5000円の値上げを行う。主原料の大幅な値上がりはじめ各種コストが上昇する状況下、自助努力のみによるコストアップ分の吸収が困難であることから強い決意で値上げを実施していく。

おすすめ記事(一部広告含む)