2022年2月7日

ブリキ値上げに注力 メーカー、コスト高転嫁

国内ブリキメーカーは、一般缶分野((一般缶、18リットル缶、ペール缶など)向けブリキ価格の引き上げに注力する。主原料はじめ各種コストの大幅な上昇分を自助努力のみで吸収することが困難と判断し、着実に値上げを実施していく考えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)