2021年7月1日

日本製缶、SCMシステム刷新へ 発注管理を見える化

 日本製缶は、本年度内をめどにSCM(サプライチェーン・マネジメント)システムの全面更新を実施する。更新によりシステムのさらなる高度化を図り、材料発注管理業務の見える化を推進する。

おすすめ記事(一部広告含む)