2021年7月13日

インドネシア・徳信鋼鉄 スラブ連続鋳造開始 阪和興業が10%出資

 阪和興業が10%出資するインドネシアの徳信鋼鉄が6月28日にスラブの連続鋳造を開始した。製造品目のビレットと線材、鉄筋用棒鋼にスラブを加え、インドネシア国内と海外市場を開拓する。輸出向けに市場競争力を強化する。現在高炉2基体制で年間粗鋼生産350万トンを計画したがフル稼働の状態が続き、通年で400万トンに水準を上げている。将来に粗鋼生産能力を2000万トンに拡張する計画を持ち、ASEAN域内外の市場を広く捉える構えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)