2021年7月14日

鉄スクラップ H2・上級品の値差拡大

鉄スクラップのH2と上級品の価格差が一段と広がっている。H2は割高感から輸出成約が難航しているのに対し、上級品の需給はひっ迫。鋼材需要の急回復で、国内外の高炉メーカーや特殊鋼メーカーが引き合いを強めていることが背景にある。関東主要埠頭では、上級品の一種である新断バラの湾岸価格が13年ぶりにトン当たり6万円台に乗せた。H2と新断バラの値差は最大で1万3500円前後になり、「過去類を見ない値差」(大手鉄スクラップ業者)を見せている。

おすすめ記事(一部広告含む)