2021年7月16日

東京五輪開催期間中 関東地区普通鋼電炉、通常操業を継続

21日から競技が始まり、23日に開会式が催される東京オリンピック開催期間中に建設現場の工事が中断する動きは見られない。関東地区では工場設備休止や製品出荷停止などを行わず、通常操業を続ける普通鋼電炉メーカーが大勢を占める。

おすすめ記事(一部広告含む)