2021年7月29日

日本製鉄 光触媒、鋼板に直接機能 低照度で抗ウイルス性

日本製鉄は29日、光エネルギーによって強い酸化作用を持つ酸化チタンを使った可視光応答型の光触媒機能鋼板を開発したと発表した。光触媒機能を使った鋼板はこれまでもあったとされるが、表面処理鋼板としてめっき表面に直接機能を持たせた上、屋内の実環境を踏まえた数百ルクスの低照度で抗ウイルスなどの機能を発揮するものとしては業界初とみられる。他の表面処理鋼板に対しても光触媒機能の付与の効果検証を進めており、本年度中には光触媒機能を持つ鋼板群として商品化したい考えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)