2021年8月18日

日本製鉄 H形鋼販価据え置き 8契、値上げ浸透見極め

 日本製鉄は18日、8月契約(9月生産)の店売り向けH形鋼の販売価格を据え置くと発表した。さらなる価格転嫁が必要となるが、マーケット動向、直近3カ月の値上げの着実な浸透を見極めるため、今月は対前月据置きとし、次月での値上げを検討する。物件(プロジェクト)向けについては国内外の需給動向などを踏まえ、価格の引き上げを進める。他の鋼種も含め、需給タイト化が強まる中で、店売りの引受けについては流通段階での個別特約店ごとの入出庫・在庫状況を精査し、必要最小限かつ慎重に行う方針だ。

おすすめ記事(一部広告含む)