2021年8月20日

全鉄連6月 建材販売量18%増 前月比、土木が底堅く

全国鉄鋼販売業連合会の東京・大阪・愛知の3地区を対象とした流通動態調査によると、建材6品種の6月販売量は前月比18%増、前年同月比1%減の16万9985トンとなった。前月と比べると2万トン以上増加、16万トン台に乗せた。前年水準との比較では微減にとどまったが、土木関連は底堅いのに対し、建築は中小物件が低調で、前年の新型コロナウイルス感染拡大影響で落ち込んだ時期を下回る。一方でメーカーの大幅値上げが継続実施されており、市況に関しては強含んでいると分析している。

おすすめ記事(一部広告含む)