2021年9月1日

サンユウ、磨棒鋼・CH線追加値上げ 10月出荷含め計2.5万円

サンユウ(本社=大阪府枚方市、西野淳二社長)は、磨棒鋼および冷間圧造用(CH)鋼線を、7月出荷分からトン当たり5000円、10月出荷分からさらに2万円引き上げ、合わせてトン当たり2万5000円追加値上げする。すでに出荷した分についてはさかのぼって実施するとしている。今年4月からの累計上げ幅は、磨棒鋼が3万8000円、CH鋼線が3万7000円となる。

おすすめ記事(一部広告含む)