2021年9月21日

7月国内鉄スクラップ需給、コロナ前水準を上回る

 日本鉄源協会によると、7月の国内鉄スクラップ需要量は331万7000トンで、供給量は340万1000トンだった。2019年7月比では需要が6・1%増加、供給が2・2%増加し、新型コロナウイルス禍以前のレベルを上回った。ただ「夏枯れ」で需給ともに前月比からは落ち込んだ。需要は前年同月比で27・4%増、前月比では4・2%減で、供給は前年同月比30・4%増、前月比3・6%減となった。

おすすめ記事(一部広告含む)