2021年10月20日

三菱商事・金属資源 社会課題軸に事業転換 脱炭素・電化・循環型へ

三菱商事の金属資源グループは社会課題を軸に事業ポートフォリオを組み替える。原料炭、鉄鉱石、銅、アルミなどの商品別の戦略だったが、10年後の社会変革を見据え、低・脱炭素、電化、循環型社会の3つを軸にグループ一体となって取り組む。資源の開発からトレーディングまで従来の安定供給は継続しながら、将来の成長に向けて脱炭素関連の二酸化炭素の回収・利用・貯留(CCUS)、電池材のレアメタル、水素の触媒としての貴金属などの分野で事業化を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)