2021年10月26日

東京製鉄、H形製造サイズ拡大 九州工場、設備を改造

 東京製鉄は九州工場(北九州市若松区)の設備を改造して、半製品であるビームブランクの大型化、圧延ミルモーターの大容量化などを実現し、H形鋼の製造サイズを拡大した。H形鋼ジャンボサイズの歩留まりも向上する。投資額は約20億円。今回の設備改造については東鉄が技術を開発し、設備メーカーが実現したもの。

おすすめ記事(一部広告含む)