2021年10月28日

北越メタル 11月契約 異形棒販価3000円上げ9万6000円

 北越メタルは異形棒鋼の販売価格を11月契約分からトン当たり3000円引き上げ、9万6000円にする。鉄スクラップや合金鉄価格、電力料金など製造コストが軒並み高騰し、想定以上に収益が圧迫されている。自助努力で吸収可能なレベルにはなく、再生産可能な価格水準に引き上げる必要があると判断し、10月契約に続き追加値上げを決めた。

おすすめ記事(一部広告含む)