2021年11月4日

関東市況 磨棒鋼、強基調に転化

関東地区の磨棒鋼市況が強基調に転化した。メーカー値上げを受け、扱い流通が価格転嫁に本腰を入れ始めたことによるもの。現行価格は16ミリがトン当たり19万2000円、50ミリが19万7000円どころ。今後、市況は上値寄りの推移が続くものと予測される。

おすすめ記事(一部広告含む)