2021年11月4日

JFE NKKT22年末解散へ 油井管ビジネス事業環境厳しく、来年6月生産終了

JFEスチールは4日、同社が49%、世界鋼管大手のテナリスグループが51%をそれぞれ出資するシームレス鋼管メーカー、エヌケーケーシームレス鋼管(板橋英治社長、NKKT)について、2022年6月をめどに生産を停止し、同年12月末に解散すると発表した。油井管ビジネスの事業環境が厳しさを増す中で、今後急速に進む脱炭素社会を前提としたエネルギー需要とシームレス鋼管需要の変化に加え、23年9月をめどに計画しているJFEスチール東日本製鉄所京浜地区の上工程休止に伴う鉄源やエネルギー供給元の切り替えなどを総合的に判断し、事業継続は困難であるとの結論に達した。

おすすめ記事(一部広告含む)