2021年11月12日

千葉鋼材が本格進出 インテリア・エクステリア事業 高意匠を追求

鋼材加工・販売などを行うI・T・Oグループの千葉鋼材(本社=千葉県市原市、伊藤博一社長)は各種鋼材の自社一貫加工によって培ってきた技術やノウハウを生かし、インテリア・エクステリア事業を立ち上げる。意匠性の高い室内階段や照明、手すり、ルーバーなど、オリジナル製品の開発を進め、設計から製作、施工まで一貫対応できる点をアピール。デザイン性が求められる注文住宅や公共建築物などへの採用拡大を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)