2021年11月18日

関東普通鋼電炉14事業所 11月粗鋼生産38万トン見通し

 関東地区普通鋼電炉メーカー14事業所の11月の粗鋼生産量は前年同月比7・2%増、前月比2・8%減の38万2000トン前後となる見込みだ。11月の地区マーケットは異形棒鋼の出荷低迷に加えて、形鋼類も市中の荷動きが低調。輸出は鉄スクラップの高値推移、為替動向などを踏まえて、半製品・ビレットを主体に新規成約に慎重姿勢を見せる動きが増え、生産は3カ月ぶりに前月比マイナスを想定する。

おすすめ記事(一部広告含む)