2020年6月11日

関東普通鋼電炉14事業所 6月粗鋼33万トン前後

 関東地区普通鋼電炉メーカー14事業所の2020年6月の粗鋼生産量は、33万2800トン前後になる見通しだ。形鋼メーカーの生産が低調に推移するものの、鉄筋棒鋼メーカーはビレット輸出分を含めて、一定の生産レベルを維持するとみられる。また、一部のメーカーが電気炉関連工事を継続実施する一方で、5月の大型連休による炉休反動影響もあり、粗鋼生産量は10事業所が前月比で増産を計画し、関東14事業所トータルでもプラスを想定する。

おすすめ記事(一部広告含む)