2021年12月6日

黒崎播磨 下期業績 原材料安定化で上振れも

 黒崎播磨は3日、都内でオンライン併用の決算説明会を開いた。江川和宏社長は下期は耐火物原材料コストなどが不透明だったため、保守的に公表しているが、中国の電力供給、原材料が安定化しており、実行ベースで今後積み上げたいとして業績上振れの可能性を示唆した。原材料の激しい変動を反映するため、半期ベースの耐火物価格改定を短期化できないか需要家と相談しているとし、より機動的なコスト高転嫁の方策を探る考えを示した。
おすすめ記事(一部広告含む)