2021年12月10日

ベンカン機工 FEM解析の受託開始

溶接継手メーカー国内最大手のベンカン機工(本社=群馬県太田市)は、管継手の設計手法の一つであるFEM(有限要素法)によるシミュレーション解析の受託サービスを開始する。従来の方法である実体での耐圧試験は、時間がかかりコストも高くなりがちだったが、FEM解析を用いることで短時間かつ低コストでの設計が可能となる。同社は一部の顧客へ対応していた同サービスを今後広く展開し、他の所有技術も組み合わせることで顧客ニーズを捕捉する考え。

おすすめ記事(一部広告含む)