2021年12月16日

JFEエンジ 越で廃棄物発電参画 リサイクル企業と合弁設立

JFEエンジニアリング(大下元社長)は16日、ベトナムで大型廃棄物発電事業に参画すると発表した。同国の総合リサイクル企業と合弁会社を設立し、JFEエンジが事業計画から建設・運転までトータルプロデュースする。設立するプラントは日量500トンの一般廃棄物・産業廃棄物を焼却し、発電出力は11・6メガワット、年間想定発電量は9万1872メガワット時。発電された電力は固定価格買取制度(FIT)を活用して、ベトナム電力公社に売電する。

おすすめ記事(一部広告含む)