2021年12月20日

三菱商事社長に中西常務が昇格

 三菱商事は17日、新社長に中西勝也常務執行役員(61)が来年4月1日付で昇格するトップ人事を発表した。垣内威彦社長(66)は代表取締役会長、小林健会長(72)は取締役相談役に就く。新たなリーダーの下、企業価値のさらなる向上と経営体制の一層の強化を目指す。6月開催の定時株主総会で中西氏は代表取締役社長、垣内氏は代表権のない会長に就く予定。

 ▽中西勝也(なかにし・かつや)氏=東大教養卒後、1985年入社。コロンビアとメキシコ駐在後、重電機や新エネルギー・電力事業を手掛け、16年執行役員に就き、中東・中央アジアを統括。19年に常務執行役員に就任した。60年10月15日生まれ、大阪府出身。
おすすめ記事(一部広告含む)