2021年12月28日

鋼材在庫4カ月ぶり減 11月末600万トン タイト感保つ

日本鉄鋼連盟が28日に発表した普通鋼鋼材需給速報によると11月末の国内向け鋼材在庫は600万2000トンと前月比0・2%減り、4カ月ぶりに減少した。メーカー在庫は若干増えたが、問屋在庫が減少した。生産が2カ月続けて減り、一方で出荷が3カ月連続増加した。半導体・部品の調達難による自動車の減産が続くが、来年2月以降に挽回生産が見込まれ、需給はタイト感を保つ見通しだ。

おすすめ記事(一部広告含む)