2021年12月29日

STK市況1万円上伸 大阪地区、母材価格高騰受け

大阪地区の一般構造用鋼管(溶接鋼管専業メーカー品、STK)市況は母材価格の高騰を受け、1万円上伸した。ベースサイズ(STK400、直径48・6ミリ×肉厚2・3ミリ)はトン当たり17万円前後となった。

おすすめ記事(一部広告含む)