2022年1月7日

JFEエンジ子会社 JT東海工場に電力提供 廃棄物発電で割安料金

JFEエンジニアリング(大下元社長)は6日、100%出資の新電力・アーバンエナジーが、JTの東海工場(静岡県磐田市)に「創電割」および「低CO2プラン」による電力の提供を1月1日から開始したと発表した。採用された「創電割」はアーバンエナジーが廃棄物から発電した電力を買い取り、発生元施設へ供給する際に廃棄物の処理量に応じて電力料金を割り引くサービス。新電力会社の中でオンリーワンのメニューとして、環境経営を行う企業からの採用が増加しているという。

おすすめ記事(一部広告含む)