2022年1月7日

JFE建材 新鋼製続枠を開発 軽量化、安全性が向上

JFE建材は7日、災害発生時の復旧工として使用される鋼製枠の新商品、鋼製続枠「RE type」を開発し、昨年12月に販売を開始したと発表した。部材構成や構造を見直すことで従来品より軽量とし、施工時の安全性を向上させた。鋼材価格が高騰し、製品価格への転嫁が避けられない環境の中、鋼材重量・直接工事費の削減によって需要家の負担を軽減しつつ、従来と同等以上の性能と高い施工性を実現した。

おすすめ記事(一部広告含む)