2022年1月13日

鉄スクラップ入札 1月契約分関東輸出価格5万983円

 関東鉄源協同組合(理事長=山下雄平・ヤマシタ会長)が12日に実施した1月契約分の鉄スクラップ輸出入札の平均落札価格は、トン当たり5万983円(H2、FAS=船側渡し)だった。関東電炉メーカーの購入価格と同水準で、関東湾岸価格よりも約2000円高い。2月初旬の旧正月に向けて回復しつつあるベトナムの購入意欲を反映し、アジア向けの輸出価格は底を打った。輸出安の影響を受けて大幅に値下がりしていた関東相場も下げ止まりそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)