2022年1月21日

愛知製鋼 電動車用駆動ユニット向け、新部品ライン稼働

愛知製鋼は、鍛造工場内(東海市新宝町)に電動車用駆動ユニット「eアクスル」向け新部品(アウトプットシャフト)の生産ラインを設置し、20日から稼働を開始した。機械加工と冷間鍛造を一貫で行う最新鋭ラインで、生産リードタイム短縮や物流コスト削減を実現するとともに、より完成部品に近い高付加価値な製品提供を図る。投資額は4億5000万円で、月間2万個の生産を見込む。





おすすめ記事(一部広告含む)