2022年1月24日

磨棒鋼、21年生産24%増加 CH鋼線も18%アップ

 日本磨棒鋼工業組合のまとめによると、2021年の全国の磨棒鋼生産は前年比24・3%増の56万2697トン、冷間圧造用(CH)鋼線生産は18・4%増の42万3115トンとなり、磨棒鋼、CH鋼線ともに大幅増となった。堅調に推移した機械関連に加え、自動車向けが緩やかに回復したことが生産増に寄与した。ただ、昨秋以降、自動車向けが減産により減少傾向にあり、今後、どの段階で増加に転じるか注目される。

おすすめ記事(一部広告含む)