2022年2月14日

関西の異形棒鋼市況急伸、原料高で流通唱え上げ

 関西地区の異形棒鋼市況が急伸している。新型コロナウイルス禍で鉄筋需要の回復が鈍く、これまでメーカー値上げ分の市場価格への転嫁が遅れていたが、鉄スクラップ価格の再上昇を受けてゼネコンなど需要家に対する流通各社の売り唱え価格が大幅に引き上げられる見通しだ。
おすすめ記事(一部広告含む)