2022年3月10日

ノボル鋼鉄、地元企業の事業承継/静岡に熱処理炉増設

 特殊鋼流通のノボル鋼鉄(本社=東京都千代田区、三上晃史社長)はこのほど、静岡支店(静岡市駿河区)に真空熱処理炉3台と洗浄機1台を増設した。静岡市内で廃業した熱処理企業から引き継いだもので、同時に商権も承継している。すでに熱処理設備の1台が稼働を開始した。投資費用は5000万円。

おすすめ記事(一部広告含む)