2022年3月16日

棒鋼・線材 中山製鋼所値上げ、4契から5000―1.5万円

中山製鋼所は4月契約分から棒鋼、線材の全品種を値上げする。値上げ幅は、冷間圧造用線材(CH)、構造用鋼がトン当たり1万5000円、普通線材、異形棒鋼(D6)、硬鋼線、鋲螺用線材が同5000円。同社の2021年以降の値上げ幅は全品種とも累計5万円となる。

おすすめ記事(一部広告含む)