2022年4月7日

4契ステンレス棒鋼・形鋼 大同特殊鋼、追加値上げ Ni系20%強、Cr系10%

大同特殊鋼は、主原料や諸資材の価格高騰分を販売価格に反映させるため、4月契約分(6月出荷分)からステンレス棒鋼・形鋼の追加値上げを実施する。上げ幅はニッケル系ステンレスが合金含有量に応じた鋼種エキストラの改定を含めて20%強、クロム系ステンレスは10%。この中でニッケル系、クロム系ともにベース価格も引き上げる。同社によるステンレス棒鋼・形鋼の値上げは2月契約分以来で2カ月ぶり。国内向け店売り、ひも付きの全品種が対象。輸出については先行して値上げを行っている。

おすすめ記事(一部広告含む)