2022年4月7日

新関西製鉄 星田の平鋼圧延集約

関西地区平鋼メーカーの新関西製鉄(本社=堺市、田邊寛隆社長)は星田工場で進めていた平鋼圧延ラインの集約が完了し、4月から新生産体制をスタートさせた。第2圧延で生産していた小形平鋼を第1圧延でも生産できるようになり、2ライン2直操業から1ライン3直体制に切り替えて3月末までに第2圧延を休止。堺工場にも一部サイズを移管し生産最適化を図った。今後は集約効果を最大限発揮するとともに、「より付加価値の高い製品づくりにも着手していきたい」(田邊社長)という。

おすすめ記事(一部広告含む)