2022年4月13日

関東普通鋼電炉14事業所 4月見通し 粗鋼ほぼ横ばい36万トン

関東地区普通鋼電炉メーカー14事業所による4月の粗鋼生産量は前年同月比0・2%減、前月比0・1%増の35万9000トン前後となるもよう。異形棒鋼、形鋼類ともに製品出荷が低水準で推移する一方、アジア市況の上昇を背景にビレット輸出を継続する動きが見られる。ただ、粗鋼生産量に大きな変化は見られず、前年同月比、前月比ともにほぼ横ばいとなる見通し。

おすすめ記事(一部広告含む)