2022年5月12日

5契 鉄スクラップ輸出 関東入札5カ月ぶり不調

 関東鉄源協同組合(理事長=山下雄平・ヤマシタ会長)が11日に実施した5月契約分の鉄スクラップ輸出入札は不調だった。応札価格が組合の希望価格に達せず、昨年12月以来5カ月ぶりに成約に至らなかった。国際価格の下落とアジア向け輸出商談の低迷を映した。1番札は11日時点の関東湾岸価格トン当たり6万3500―6万4500円前後を大幅に下回ったようだ。4月末から調整局面入りしている国内相場の下押し圧力がさらにかかるとみられる。

おすすめ記事(一部広告含む)