2022年5月19日

21年度 国内向け鉄筋用小棒出荷、過去最低676万トン

 普通鋼電炉工業会によると、2021年度における鉄筋用小形棒鋼の国内向け出荷数量は前年度比2・3%減、15万7106トン減の676万3168トンとなった。3年連続のマイナス。2年連続で700万トンを割り込むとともに、過去最低とされる76年度の出荷数量(推定680―690万トン)を下回った。

おすすめ記事(一部広告含む)