2022年5月20日

共英製鋼6月 異形棒鋼販価据え置き

異形棒鋼最大手の共英製鋼は19日、異形棒鋼の6月販売価格を全事業所ともトン当たり12万円で据え置くと発表した。電炉主原料となる鉄スクラップ価格は海外相場の下落から調整局面を迎えているが、原油高に伴って電力料金や合金鉄、副資材、輸送費などが軒並み上昇しコスト高に拍車がかかっている。「円安のマイナス影響も大きい。再生産可能な体制を継続するためにトン12万円は適正な販売価格」(同社)として市場への浸透を急ぐ。

おすすめ記事(一部広告含む)