2022年5月24日

名北工業、エッチング設備新設 チタン部品検査強化

 大手CH鋼線メーカーの名北工業(岐阜県美濃加茂市、福西康和社長)はこのほど、航空機関連事業における非破壊検査の体制拡充を視野にかねて進めてきたエッチング設備の新設工事を完了した。チタン部品の浸透探傷検査前工程の強化でより精度の高い探傷を実現し非破壊検査請負を増やす方針で、条件出しなどの試験稼働を経て来月からの本格稼働入りを目指す。投資額は約1億円。

おすすめ記事(一部広告含む)