2022年5月27日

鉄スクラップ市況続落 20日間で8000円安 国内なお下げ余地

国内の鉄スクラップ市況は下落が続き、約20日間でトン当たり8000円前後安くなった。中国のロックダウンによる物流の停滞などがアジア圏の鋼材や鉄スクラップの需要を低下させ、日本の鉄スクラップ相場を引き下げている。ただ国内外の鉄スクラップの価格差は26日時点でも4000円以上開いており、国内の電炉メーカーはまだ下げ余地を残している。
おすすめ記事(一部広告含む)