2022年6月6日

神戸製鋼 低CO2高炉鋼材初採用 コベナブル・プレミア トヨタの競技車両に

神戸製鋼所は3日、二酸化炭素(CO2)排出量を大幅削減した鋼材ブランド、コベナブル・スチールが国内で初めて実用化されたと発表した。CO2排出ゼロのコベナブル・プレミアがトヨタの競技車両、水素エンジンカローラのサスペンションメンバーに採用された。自動車以外の需要家からも関心が寄せられており、国内初で実用化した低CO2高炉鋼材を幅広い分野に供給したい考え。

おすすめ記事(一部広告含む)