2022年6月13日

鉄スクラップ船積み マテック、3万トン船で実施 複数港連携の試金石に 石狩・釧路で

大手総合リサイクル企業のマテック(本社=北海道帯広市、杉山博康社長)はこのほど、国内最大クラスとなる3万トン級の大型船で鉄スクラップの船積みを実施した。今年3月に成約したバングラデシュの鉄鋼メーカー向けで数量は約3万2000トン。品種はHSとシュレッダー中心で、国内で実施された船積みの規模としては過去最大となる。現在石狩湾新港で整備中の大水深岸壁を見据えた試験的運用で、将来のリサイクルポート構想に布石を打つ。





未購読者の方はこちらからお申し込みください
日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 

おすすめ記事(一部広告含む)