2022年6月29日

鉄スクラップ 関東相場下落続く

関東地区の鉄スクラップ相場が2カ月下がり続けて28日にもトン当たり1000円続落し、電炉大手の東京製鉄・宇都宮工場のH2相当品種の買値は5万2000円を付けて今年の最安値を更新した。海外の鉄スクラップやビレットの市況が4月以降断続的に悪化し、関東を含む日本の鉄スクラップ価格を下押ししている。

おすすめ記事(一部広告含む)