2022年7月4日

丸一鋼管 切断加工賃上げ 45年超ぶり

 丸一鋼管は1日、7月出荷分から鋼管の切断加工賃を改定すると発表した。過去にも切断加工賃の改定を取引先に求めてきたが、45年以上もの間据え置き状態を余儀なくされていた。しかし、人件費や電気代、鋸刃、切削油など全ての副資材価格が急騰していることに加え、切断品の納入輸送費の上昇も大きく、これ以上自助努力で販売を続けることは不可能だと判断。サステナブルな取引条件を確保するため、切断加工賃改定に踏み切る。

おすすめ記事(一部広告含む)