2022年7月11日

ステンレス市況上伸続く 鋼板最高値・鋼管100万円へ

 ニッケル系をはじめとするステンレス鋼板や条鋼、鋼管の市況は今夏も上伸局面が続きそうだ。主要鋼種のニッケル系冷延薄板の市況がトンあたり65万円に達したほか、厚板や棒鋼、溶接鋼管やシームレス鋼管なども上値をうかがう展開が続いている。メーカー各社が今年に入り大幅な値上げを打ち出し、流通が販売価格への転嫁を進めているためだ。品種によっては4月契約分が市中に流入しており、流通は販価切り上げを急ぐ。鋼板は過去最高値、溶接鋼管はトン100万円到達の可能性が高まる。

おすすめ記事(一部広告含む)